お客様の声

ガラスで変わる快適生活はまず窓ガラスから

2015年9月20日

「ひと冬過ごして室内側の結露は全くありません」スペーシア 横浜市戸塚区戸建て(窓の断熱化プラン)

IMG_1385.JPG IMG_1387.JPG
IMG_1388.JPG IMG_1389.JPG
IMG_1390.JPG IMG_1392.JPG
IMG_1393.JPG IMG_1394.JPG
IMG_1384.JPG IMG_1386.JPG
IMG_1391.JPG
画像転載禁止.GIF

■工事種類及び目的
ガラス工事(窓を断熱化するリフォーム)
line.gif
■メーカー
日本板硝子
line.gif
■製品名・仕様
真空ガラススペーシア 防火網入りタイプ 特殊アタッチメント付き   
line.gif
■施工箇所
掃き出し窓×1箇所
出窓×2箇所
縦滑り出し窓×6箇所
複合窓×2箇所
テラスドア×1箇所
line.gif


★御客様の声

アンケート回答を、お送りいたします。

我が家は、築32年の一戸建て住宅です。
リフォーム計画中でしたが、窓の断熱化プランを図るに当たって、
サッシごとの交換は高コスト過ぎるので、ガラス交換でペアガラス化する
ことにしました。
調べてみると、旧式のサッシでペアガラス化が可能なのは
日本板硝子の『スペーシア』しかないと分かりネット上で業者さん探し
をしました。(既存ガラスが防火網入りのためスペーシアしかなかった)

中でも、丸正屋さんのホームページは、メリットだけでなくデメリットも
良く押さえて、わかりやすく丁寧に説明されていましたので、
問い合わせてみることにしました。

中村さんが見積もり作業に来て下さいましたが、ご説明も私の質問に対する
回答も的確で、採寸作業もプロならではの手際を感じましたので、
丸正屋さんに発注することにしました。
残念ながら、省エネ住宅ポイント制度取得期限には間に合いませんでしたが、
工事総額は当初の予算を下回ることは出来ました!

工事が終わって冬を迎えたある朝、窓に結露が見えたので
「え~!」と焦りましたが、"良く見ると窓の外側の結露"でした。
その日は夜明け前に雨が降って外気の湿度が非常に高かったため、
氷水を入れたガラスコップのように外側に結露したと思われます。
(これはスペーシアの高断熱遮熱効果の高さ故に起きる現象だそうです)

実際にひと冬過ごして、室内側の結露はまったくありませんでした。

食堂で窓を背にして座っていても、以前ほど背筋が冷やりとする
感じはなくなりました。
もう一つの効果は、スペーシアの入れ替え工事の時にサッシ枠の調整メンテ
をした事と、ガラスとサッシ枠の接線をシーリング工事して頂いたおかげで、
我が家のくたびれた縦滑り窓の動きがスムーズになったことです。

ガラスとサッシ枠が接着されて、ゆがみにくくなった効果かと思われます。
丸正屋さんには、とても良い仕事をして頂きました。
これからは、窓断熱化(窓ガラスだけの中途半端対応ではありますが...。)
の費用対経済効果を楽しみに見守って行きます。

以上です。

環境設定 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 - ^ ¥ Backspace Tab q w e r t y u i o p @ [ Return capslock a s d f g h j k l ; : ] shift z x c v b n m , . / ` shift English alt alt 環境設定