断熱防音奮闘日記

ガラスで変わる快適生活はまず窓ガラスから

2016年7月25日

マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。古い窓が新しくなります!!

マンションのサッシ改修工事にご訪問させて頂きました。
築年数が経って窓の開閉が悪くなってきた場合、
改善する方法は2つあります。
1つは窓の戸車を交換する方法。
もう1つは窓ごと新しくしてしまう方法です。
この窓ごと新しくする方法を「カバー工法」と言います。

マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。

窓扉を外すと窓枠が残ります。
窓枠は外壁に埋まっているので、取ることが出来ません。
残った窓枠の内側に新しい窓枠を取り付けます。

マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。 マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。

曲がって付けてしまうと建付けが悪くなるので、
水平レベルでまっすぐ位置を出して設置します。

マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。 マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。

お客様のお部屋には防音のために内窓を設置されていました。
新しく設置するサッシの中残の位置を内窓に合わせて作成したので、
外窓の中残は隠れてスッキリ見えます。
重く動きの悪くなった窓が新品になり、
開閉もスムーズになったので、喜んで頂きました。
もっと早く交換していればよかったとおっしゃってました。
古くなったマンションの窓はサッシ改修工事「カバー工法」で、
キレイに快適な窓に交換することが出来ます。
カバー工法のご相談は丸正屋へお電話ください。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://marusyoya.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/412

コメントする