窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど

内窓の設置工事にご訪問させて頂きました。
新築に一戸建てにお住まいのお客様ですが、
窓が寒いとのことで内窓のご相談を頂きました。
新しい一戸建てに嵌っているガラスは「Low-eペアガラス」が主流です。
アルミサッシに断熱性の高いガラスが使われていたとしても、
障子(可動する引戸)とサッシ枠やレールに隙間がある以上、
そこからの通気があります。
その隙間と熱伝導の高いアルミフレームから伝わる冷たさが、
窓際からの寒さとしてお部屋に入ってきます。
窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど
窓際の寒さを防ぐには窓全体を塞ぐことの出来る内窓の設置が効果的です。
内窓製品は各メーカーより出ているので種類が多数あります。
大きく別けてDIY向けの簡易内窓と高気密内窓の2タイプです。
お客様には窓際の寒さ改善のため、高気密タイプの内窓をご案内しました。
『旭硝子インナーウインドまどまど』はアルミフレームと樹脂の構造で、
クレセント錠と補助鍵が標準設計なので、防犯対策にもおススメな内窓です。
外側はアルミフレームになっているので、紫外線の劣化がありません。
室内側の意匠面は被覆された樹脂がお部屋に馴染む高級感ある5色の設定です。
窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど
嵌めるガラスによって内窓の性能は変わってきます。
防音性を高めるには防音合わせガラスを、
防犯性を高めるには防犯ガラスを、
寒さ、断熱対策には断熱ガラスを組み合わせます。
窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど
寒さ対策なので、高断熱ガラスの組み合わせで施工させて頂きました。
内窓は目的に応じた内窓製品の選択と組み合わせるガラスを選択ないと、
お悩みが解決しない場合があります。
お客さまのお悩み、目的により最適な内窓をご案内しております。
丸正屋へ是非ご相談ください。