断熱防音奮闘日記

ガラスで変わる快適生活はまず窓ガラスから

2013年8月12日

ウッドワン無垢の木の内窓『MOKUサッシ』(取付け) 効果

木製の内窓『MOKUサッシ』の取付けにごご訪問しました。
取付け箇所は掃出し窓と腰高窓の2か所です。
腰高窓から取付けます。

施工前
無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

MOKUサッシの取付けの必要寸法は84mm以上です。
既存窓枠は90mmあるのですが、クレセントを回転すると
必要寸法に干渉してしまいます。
通常、必要寸法が足りない場合は"ふかし枠"を取付けて必要寸法を広げます。

交換前                       交換後
無垢の木の内窓『MOKUサッシ』無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

しかし今回はクレセントの大きさを変えることで、取付けに必要な有効寸法を確保して、
ふかし枠を使わないで施工出来ました。

無垢の木の内窓『MOKUサッシ』 無垢の木の内窓『MOKUサッシ』
無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

タッカーで縦枠を取付けます。
さすがに枠は木では無く、樹脂で出来てます。

無垢の木の内窓『MOKUサッシ』 無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

下枠レール、上枠、縦枠カバーを取付けて枠の完成です。
取付けた枠に障子を嵌め込みます。

施工後
無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

障子を嵌め込むと窓の雰囲気が全く変わります。
色が変わっただけでなく、アルミの固い感じから木の柔らかく、温かい感じのなりました。

無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

既存のクレセントから小さいクレセントに交換したので、障子に当たりません。

無垢の木の内窓『MOKUサッシ』 無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

上部は上枠に付いた気密材が障子に当たり、下部は障子に付いている気密材が、
レールと障子を隙間を埋めています。

v 無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

内障子と外障子が重なる召し合わせの部分は、
外障子に付いている幅のある筒状の気密材が、
上から下までしっかりと当たり、隙間を無くしています。

施工前                  施工後
無垢の木の内窓『MOKUサッシ』無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

この『MOKUサッシ』、『プラスト』に似ていると思いませんか!?
実は枠や気密材、構造を内窓の専門メーカー大信工業が提供しています。
『プラスト』に比べると気密性、防音性が少し劣りますが、
本物の木を使った温かくぬくもりのある内窓『MOKUサッシ』おススメです!!

2013年8月 8日

ウッドワン無垢の木の内窓『MOKUサッシ』(組立て) 特徴

木製の内窓『MOKUサッシ』を組立てました。

無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

届いた製品はキレイに梱包されています。
この箱の中にはガラス以外の枠、框(障子のフレーム)等が入っています。

無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

縦の框を出して、4本の框がどこの縦框なのか並べて確認しました。
場所と向きがあるので、全て形状が異なります。

手掛けの框                    外障子の召し合わせの框     
無垢の木の内窓『MOKUサッシ』 無垢の木の内窓『MOKUサッシ』
内障子の召し合わせの框
無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

左右の枠の当たる縦框には溝があるので窓の開閉がしやすくなってます。
窓を閉めた時に外障子の召し合わせのゴム製の気密材が
内障子の框にしっかりと当たる構造になっています。

上框                        下框
無垢の木の内窓『MOKUサッシ』 無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

上框にはヒダが2枚の気密材が付いています。
下框には径の大きな戸車を採用しているので開閉はスムーズです。

無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

嵌めるガラスはペアガラスです。
『MOKUサッシ』はシングルガラスもペアガラスも嵌めることが出来ます。

無垢の木の内窓『MOKUサッシ』

上下縦框を組んで完成です。

環境設定 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 - ^ ¥ Backspace Tab q w e r t y u i o p @ [ Return capslock a s d f g h j k l ; : ] shift z x c v b n m , . / ` shift English alt alt 環境設定