丸正屋

日本板硝子が世界で初めて商品化に成功した画期的な真空ガラス。 真空層が熱の対流を防ぎ、さらに高断熱Low-eガラスが熱の放射を防ぐので、 結露や断熱にダントツの効果を発揮します!

真空ガラス「スペーシア」は暖かさを逃さず、 お部屋を快適に保つ高断熱窓ガラス。

特にそのチカラは冬に発揮されます。 スペーシアSTⅡの特殊金属膜(Low-e膜)は 日射透過率60%の理想値ですから、 太陽のあたたかさを取り入れながら、 その優れた断熱性能によってすばやく暖房でき、 あたたかさが長持ちします。 また、ガラスの表面温度が下がりにくいので 結露を大幅に防ぐ効果に優れています。 結露対策の決定版断熱ガラスと言えます。

※スペーシアは様々な補助金や減税、 エコポイントの対象となるエコガラス製品です。 (補助金や減税を受けるには一定の基準を満たす必要がありますので、必ず対象になる訳ではありません。詳細はお問い合わせ下さい)

●結露のびしょびしょを解決します!

冬の朝のあのいやな結露が、真空ガラス「スペーシア」なら 真空層の断熱効果のおかげでほとんど起こりません。 アタッチメントも不要ですので、余計な結露が増えることも ありません。窓ガラスの結露対策として最も効果の高い 断熱ガラスです。

●冬でもお部屋があったかい高断熱性能!

一枚ガラスの約4倍、複層ガラスの約2倍の 断熱性能を持つ真空ガラス「スペーシア」なら、冬はポカポカ、 夏はエアコンの涼しさを外へ逃しません。 特殊金属膜(Low-e膜)の遮熱バランスが良いガラスです。

●地球にもお財布にも優しい省エネ性能!

高いエアコン代にもサヨナラ。 もちろんエアコンを強くかけるより体感的温度にもずっと快適です。

●リフォームらくらく取替えかんたん!

ペアガラスのように二枚のガラスの間に広い空気層が不要なので いまお使いの普通のサッシにそのまま取り替えできます。

●静かな空間を創る遮音性能

真空ガラス「スペーシア」の遮音性能はJIS30等級をクリア。(従来型複層ガラスはJIS20等級以下) 従来型のアタッチメント付き複層ガラスの弱点、音に弱い構造を完全クリア。 スペーシアは、人の感じやすい音の周波数範囲をカバーしています。 室内の音はもちろん漏れづらく、外からの音も静かに感じる効果があります。

●10年間品質保証!

高品質を誇るスペーシア21は製造後10年間の品質を保証しています。 保証期間中に、スペーシア正規取扱店による性上な施工及びお取扱いの もとで、万一、中空層内に結露を起こした場合および、構成する 真空ガラス「スペーシア」の真空層の以上により、マイクロスペーサーが 落下した場合には代替用商品が無償で補償されます。

冬の時期や多湿の梅雨時に窓に発生する結露は、カーテンや窓枠を汚すだけでなく、 シックハウスの原因のひとつとなっているカビの発生を助長します。 冷たい外気の影響を受けにくいスペーシアSTⅡなら、不快な結露を防ぐことができます。 結露の発生する外気温度を各種ガラスで比べてみてください。 スペーシアSTⅡの強さがはっきりとわかります。

冬、暖房をしていてもお部屋が暖まりにくい、窓際や足元がひんやりする。 それは、窓ガラスの断熱性能の低さが引き起こす現象です。 窓の断熱性能が低いと、コールドドラフトという現象で冷たい空気の下降気流で 床面の方に冷たい空気の層をつくってしまいます。 スペーシアSTⅡの断熱性能は、一枚ガラスの約4倍、一般複層ガラス (ペアガラス)の2倍以上だから、室内がすばやく暖房でき、暖かさを逃しません。 また天井から床まで上下の温度差が少ないので足元までぽかぽかです。

ガラスの種類で比較するスペーシアの断熱性能。

スペーシアSTⅡは一枚ガラスの約4倍、 複層ガラスの約2倍の高断熱性能を実現。 室内をすばやく暖房でき、あたたかさを逃しません。 ※数字は熱貫流率で、数字が小さいほど断熱性能に優れていることを示します。

暖冷房負荷算出条件
●熱負荷計算プログラムと気象データ/住宅用熱負荷計算プログラム「SMASH Windows Ver1.0」.SMASH 用気象データ
●住宅モデル/日本建築学住宅用標準問題[1]に準じる。延床面積125.9㎡
●部位仕様/壁・床・天井・ドアの仕様は標準問題に準じる。ただし断熱材仕様は次世代省エネルギー基準[2]を満たすものとする。
●ガラス/一戸の住宅すべての窓に同一のガラスを仕様するものとし、カーテンやブラインドなどの遮蔽物はないものとする。
●暖冷房期間/東京:暖房期間 11/2〜4/22・冷房期間 4/23〜11/1 大阪:暖房期間 11/4〜4/17・冷房期間 4/18〜11/3
●温度設定/暖房温度:18℃ 冷房温度:27℃
●その他/空調運転方法、暖冷房期間、室内発熱スケジュールはすべて次世代省エネルギー基準[2]の暖冷房負荷計算方法に準じる

今までの複層ガラスは通常厚さが12ミリ以上もあるために、専用のサッシやアタッチメントが必要でした。 アタッチメントがあると、ガラス面積が小さくなるばかりか、そのアタッチメント自体に結露が付く事の問題と、 サッシへの納まりの問題、強い風圧に対応出来ない耐風圧強度の問題がありました。
しかし、スペーシアSTⅡは厚さわずか6.2ミリなので、いまお使いのサッシにそのまま取り替えることできます。 しかも短時間で取り替えが可能なのでリフォームに最適です。 サッシを処分する無駄がないので、余計な費用もかかりません。

●スペーシアSTⅡ(U値1.4W/㎡・K)

スペーシアSTⅡはあたたかさを逃さず、お部屋を 快適に保つ鋼断熱窓ガラス。特にそのチカラは冬に 発揮されます。太陽のあたたkさを取り入れながら、 その優れた断熱性能によって、すばやく暖房でき、 あたたかさが長持ちします。また、ガラスの表面 温度が下がりにくいので結露を防ぐ効果に優れて います。

●スペーシア21(U値0.9W/㎡・K)

スペーシア21は、非常に高い断熱性能を持つ 真空ガラス「スペーシアSTⅡ」とLow-eガラスで 構成したハイブリッドな複層ガラスです。 さらに中空層には、寒冷地仕様の複層ガラスでは 実績のあるアルゴンガスを封入し、これまでの ガラスにはない、断熱材に匹敵する超高断熱性能を 実現しました。
スペーシア21なら、北面にも明るく大きな開口部が 設計でき、夏期の通気性、冬期の断熱性をともに 満足できる空間が実現できます。

●スペーシア静STⅡ(U値1.4W/㎡・K)

真空層と特殊中間膜によって、 優れた断熱性能と、遮音性能を発揮します。 従来の断熱性能はもちろん、外部からの騒音を遮り、室内の生活音も外に漏らしません。

●スペーシア守STⅡ(U値1.4W/㎡・K)

真空ガラススペーシアSTⅡと、 防犯ガラスセキュオが融合。 真空層とポリカーボネート板によって 優れた断熱性能と、防犯性能、さらに遮音性能を 発揮する超高性能ガラスです。 その防犯性能は防犯ガラスの中の最高レベル。

丸正屋は、真空ガラス「スペーシア」を始め、断熱ガラスなどの高性能ガラスの 施工数や施工技術を認められ、数多くの受賞歴があります。ここではスペーシアの 受賞履歴をご紹介致します。

平成18年までに行われた(以降廃止)、日本板硝子社 "ガラスグランプリ"というガラス製品出荷量グランプリにて、 以下の様な成績にて表彰されました。

PCサイトを見る