結露のお悩み解決に大信工業内窓プラスト戸建て

内窓の設置工事にご訪問させて頂きました。
一戸建てにお住まいのお客様、
寝室にお使いのお部屋の結露がお悩みでした。
結露のお悩み解決に大信工業内窓プラスト戸建て 結露のお悩み解決に大信工業内窓プラスト戸建て
このお部屋には西面に腰高窓が1窓と北面に上げ下げ窓が1窓ありました。
結露を無くするには換気をすることが重要ですが、風は直線で通るため、
南面のお部屋の窓と北面の上げ下げ窓を開けて換気されてましたが、
上げ下げ窓が小さいため、換気量が少ないようでした。
結露のお悩み解決に大信工業内窓プラスト戸建て 結露のお悩み解決に大信工業内窓プラスト戸建て
結露対策にとご主人様がDIYで簡易内窓を設置したそうですが、
窓の前を塞いでしまったため、空気が流れなくなり、
逆に結露が増えてしまい、壁紙がカビて、剥がれてしまいました。
結露のお悩み解決に大信工業内窓プラスト戸建て 結露のお悩み解決に大信工業内窓プラスト戸建て
内窓を設置しても既存窓と内窓との間に、
湿気が入ってしまっては問題が解決しません。
内窓は気密性が高い大信工業内窓プラストをご案内させて頂きました。
ガラスも高断熱複層ガラスに断熱ガスを入れた特殊仕様を組み合わせました。
窓のお悩みのご相談は丸正屋へご連絡ください。

ガラス修理はすぐにご対応!!

ガラス修理にご訪問させて頂きました。
ガラス修理はすぐにご対応!!
会社の入口ドアが風に煽られてガラスが破損してしまったそうです。
戸建て、マンション、ビルに関わらず、
扉が風に煽られて割れてしまったケースのご依頼はよくあります。
勢いよく閉まった拍子に割れてしまったり、
逆に勢いよく開いた際にストッパーに当たり、
扉のフレームがねじれてしまうと、平なガラスは割れてしまいます。
ねじれて割れるとガラス全面にヒビが入り、崩れて危険です。
会社などの入口であれば、防犯のためにも早急に修理が必要となります。
ガラス修理はすぐにご対応!!
丸正屋の作業車には修繕用に一般ガラスを積んでいます。
そのため、早急に修理が必要な場合でも、1度のご訪問で修繕が完了します。
1度のご訪問で完了することで、無駄な見積もり費用は掛からず、
早く元通りになるので、お客様にお喜び頂いてます。
丸正屋のガラスの修理はスピーディーに、安全にご対応しております。

窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど

内窓の設置工事にご訪問させて頂きました。
新築に一戸建てにお住まいのお客様ですが、
窓が寒いとのことで内窓のご相談を頂きました。
新しい一戸建てに嵌っているガラスは「Low-eペアガラス」が主流です。
アルミサッシに断熱性の高いガラスが使われていたとしても、
障子(可動する引戸)とサッシ枠やレールに隙間がある以上、
そこからの通気があります。
その隙間と熱伝導の高いアルミフレームから伝わる冷たさが、
窓際からの寒さとしてお部屋に入ってきます。
窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど
窓際の寒さを防ぐには窓全体を塞ぐことの出来る内窓の設置が効果的です。
内窓製品は各メーカーより出ているので種類が多数あります。
大きく別けてDIY向けの簡易内窓と高気密内窓の2タイプです。
お客様には窓際の寒さ改善のため、高気密タイプの内窓をご案内しました。
『旭硝子インナーウインドまどまど』はアルミフレームと樹脂の構造で、
クレセント錠と補助鍵が標準設計なので、防犯対策にもおススメな内窓です。
外側はアルミフレームになっているので、紫外線の劣化がありません。
室内側の意匠面は被覆された樹脂がお部屋に馴染む高級感ある5色の設定です。
窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど
嵌めるガラスによって内窓の性能は変わってきます。
防音性を高めるには防音合わせガラスを、
防犯性を高めるには防犯ガラスを、
寒さ、断熱対策には断熱ガラスを組み合わせます。
窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど
寒さ対策なので、高断熱ガラスの組み合わせで施工させて頂きました。
内窓は目的に応じた内窓製品の選択と組み合わせるガラスを選択ないと、
お悩みが解決しない場合があります。
お客さまのお悩み、目的により最適な内窓をご案内しております。
丸正屋へ是非ご相談ください。

防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に!

大信工業内窓プラストの設置工事にご訪問させて頂きました。
マンションにお住まいのお客さまです。
ご検討の窓は段窓と言って窓が上と下に分かれている窓でした。
防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に!
上段が引き違い窓、下段がFIX窓(嵌め殺し窓)でした。
このタイプの窓に内窓をご案内する場合、2通りの設置方法があります。
1つは既存窓と同じく上段と下段に2つ設置する方法。
2つ目は上段、下段に分けず1つの内窓を設置する方法。
お客様は後者でご依頼頂きました。
防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に! 防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に!
内窓を設置するにあたり、巾木をカットする必要がありました。
防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に! 防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に!
内窓プラストを設置するのには窓の奥行きが78mm必要です。
奥行きが足りない場合には「増し枠」と言う窓枠を広げる部材を使用します。
防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に!
窓の奥行きを広げた分だけ、部屋の内側へ増し枠が出てきます。
防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に!
増し枠を取り付けたら、本体の設置です。
防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に! 防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に!
奥行きが足りない場合に増し枠を使うのですが、
取付け前には部屋が狭くなってしまうとか、
圧迫感があるのではないかと不安になられる方がいらっしゃいますが、
工事後には思ってた以上に出っ張ってないとか、
もともとの窓のように見えるなど、良いご感想を頂きます。
カーテンを使うとほとんど隠れてしまいますので、気にならない方も多いです。
防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に! 防音内窓大信工業内窓プラストをマンションの段窓に!
上質な樹脂を使った内窓だからこそのご感想なのかもしれません。
高気密、高性能な内窓プラストは経験、実績豊富な丸正屋へお任せください。
ご相談、お電話お待ちしております。

お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓

お風呂の窓の工事にご訪問させて頂きました。
お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓
マンションにお住まいのお客様のお風呂の窓は
“オーニング窓”になっておりました。
この窓は小窓が連なっていて、開閉装置を動かすことで連動して開閉します。
似ている窓に小窓ではなくガラスの羽根が数枚連なっている
“ルーバー窓(ジャロジー窓)”という窓もあります。
お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓 お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓
どちらの窓も開閉装置が壊れてしまうことが多いです。
今回も開閉装置が機能しなくなってしまっていて、
窓が最後まで閉め切れない状態になっておりました。
お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓 お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓
この開閉装置を交換することで、元の通りスムーズに開閉でき、
閉まりきらなかったことも解決しました。
窓の開閉不具合は部品交換で改善出来ることが多いです。
お客様の中には窓を丸々交換しなければならないと思っている方も多いです。
築年数にもよりますが、動きの不具合が出始めたら、
早め交換をおススメしております。
窓の開閉不具合、修理のご相談は丸正屋へお任せください。

マンションでガラス交換と内窓プラスト設置

ガラス交換と内窓の設置工事にご訪問させて頂きました。
ガラスには”透明”ガラスと”不透明”ガラスがあります。
当然、透明なガラスは外が見え、日が差せばお部屋は明るくなります。
逆に不透明のガラスは外からお部屋が見えない効果があります。
しかし、外が見たいのに不透明なガラスが嵌っていると、
圧迫感があり、暗く、不快に感じられます。
お客様は見晴らしがいい場所なのに、
不透明なガラスが嵌っていることに違和感をお持ちでした。
マンションの窓は共用部に当たるので、窓の交換、ガラスの交換には
管理組合の許可が必要なことがしばしばあります。
マンション管理組合に掛け合い、不透明ガラスから透明のガラスへの交換を
承諾頂き、工事に至りました。
マンションでガラス交換マンションでガラス交換
マンションでガラス交換マンションでガラス交換
ガラスを交換させて頂いたお部屋は北側のため、
冬がとても≪寒い≫というお悩みもありました。
窓際の寒さはガラス面の空気が冷やされて室内に入ってくる
【コールドドラフト現象】と、
サッシ自体の気密不足による隙間からの冷気があります。
内窓の設置は窓全体を塞ぎますので、その両方を解消出来ます。
高気密な内窓サッシの大信工業内窓プラスト
断熱性能の高いLow-E複層ガラスを組み合わせたご提案をさせて頂きました。
内窓プラスト設置 内窓プラスト設置
マンションにお住まいの方の中にはガラスが交換してはいけない、
窓を工事してはいけないと思っている方も少なくありません。
しっかりと、マンションのルール、法律に則ったガラスを使用すれば、
問題ないと思います。
マンションの窓のお悩みは丸正屋へご相談ください。

マンションのベランダ3枚扉に旭硝子まどまど防音対策

旭硝子インナーウインド「まどまど」の設置工事にご訪問させて頂きました。
マンションのベランダ側の窓で引き違い窓の右袖に
FIX窓(嵌め殺し窓)がある窓で、正面がら見ると3枚の扉があるように見えます。
旭硝子まどまど防音対策
このような3枚扉の窓には内窓も3枚建てという構成で取付けます。
通常は外窓の縦の框(扉のフレーム)と内窓の縦框が重なるように作成します。
従って、外窓の框が内窓の框で隠れるようになります。
この窓も引き違い窓部分は重ねてあるのですが、
FIX部分は幅を狭くしています。
じつは外窓のガラスの下部に穴が空けてあり、
エアコンの管が通っているのです。
そのため、内窓も工夫しないと設置が出来ない窓なのです。
エアコンの管の穴の横に木の柱を立てて、右側に空間を設けてます。
柱の左側に3枚建てのまどまどを設置しています。
旭硝子まどまど防音対策
右側の空間には無目を入れ、上下に別けます。
防音することが目的なので、上段はガラスで封鎖し、
下段にはエアコンの管を通して、隙間には防音パテを詰めてあります。
旭硝子まどまど防音対策
このような変わった窓でも工夫すれば内窓の設置は可能です。
他社で断られた窓でも丸正屋へご相談ください。
様々な施工事例、実績がありますので、お力になれると思います。

出窓の寒さと結露対策に!!日本板硝子真空ガラス「スペーシア」 

真空ガラス「スペーシア」の入れ替え工事にご訪問させて頂きました。
築30年ほどの一戸建てにお住まいのお客様。
出窓の寒さと結露に長年お困りだったそうです。
ご自身で、断熱フィルムを貼ったりしたそうですが、
お悩みを解決されるほど、効果は無かったそうです。
インターネットで各メーカーの断熱商品を調べられて、
日本板硝子薄型断熱ガラス「クリアFit」を見つけられて、
入れ替えを検討したそうです。
弊社に「クリアFit」の入れ替え工事のご相談のご連絡を頂き、
私がご対応させて頂きました。
現地調査させて頂いたした10月下旬でも、
ガラス面、サッシ面に多量の結露がありました。
出窓は外壁より飛び出ている窓のため、窓全体が冷えやすく
、結露がしやすい窓と言えます。
出窓の寒さと結露対策には、既存ガラスから断熱ガラスへの入れ替え、
もしくは、内窓の設置が有効です。
内窓では窓台を塞いでしまうので、今と同じく使えるよう
、断熱ガラスでの入れ替えになりました。
お問い合わせの時は「クリアFit」でのご検討だったのですが、
現状を確認させて頂いた結露の状態から、
「クリアFit」では性能が足りないと思い、
同じ日本板硝子の真空ガラス「スペーシア」を勧めさせて頂きました。
「クリアFit」と「スペーシア」は1枚ガラス用サッシに
入れ替えの出来る断熱ガラスで、
共に2枚のガラスの間が真空層になっております。
真空層が熱の伝わり方の「対流」と「伝導」を防ぎます。
この2つのガラスは同じ真空層があるガラスですが、大きな違いがあります。
それは特殊は金属膜である『Low-E膜』の有無です。
真空ガラス「スペーシア」には『Low-E膜』があり、
「クリアFit」には『Low-E膜』がありません。
この『Low-E膜』がもう1つの熱の伝わり方である、「放射」を抑えます。
この3つの熱の伝わり方を防ぐガラスが真空ガラス「スペーシア」です。
真空層を設けることで「クリアFit」は1枚ガラスの
2倍以上の断熱性能がありますが、
そこに『Low-E膜』の付いた真空ガラス「スペーシア」は
1枚ガラスの約4倍の断熱性能があります。
現状の結露状態がガラス面に少し出ている程度であれば、
「クリアFit」でも良かったかもしてませんが、
前面に結露が出ているということで、
真空ガラス「スペーシア」のご案内をさせて頂きました。
真空ガラス「スペーシア」 真空ガラス「スペーシア」
工事をさせて頂いてから、後日ご連絡を頂きました。
『ガラス面には結露が出ないです。サッシの下に少し出ていますが、
日中に乾いてしまいます。スペーシアにして良かったです。』
と、ご感想を頂きました。
結露が無くなり、「スペーシア」にご満足頂けたようで、嬉しく思います。
ガラス、窓のお悩みのご相談、ご質問は≪窓専科≫丸正屋へご連絡ください。

近所の子供の声の対策!大信工業『内窓プラスト』+NBS防音合わせガラス『ハイラミ35』

大信工業『内窓プラスト』の工事にご訪問させて頂きました。
静かな住宅街にある一戸建てにお住まいのお客様ですが、
近所の子供の声にお悩みでした。
道路で子供たちが遊んでいると、
子供の声やボール遊びの音などが気になってしまうとの事でした。
家が密集している地域であるのと、T字路のなっているため、
声や音が拡散せずに聞こえてしまっていました。
お子様のお部屋の下がガレージになっていろとの事だったので、
それも声や音の進入の原因だったはずです。
お子様が受験生ということもあり、工事をご依頼頂きました。
大信工業『内窓プラスト』+NBS防音合わせガラス『ハイラミ35』
設置する内窓は大信工業『内窓プラスト』をご提案しました。
内窓専門メーカーである大信工業。
内窓に求められる「気密性」がダントツに優れてます。
細かなところにまで気密材が付いていて、
窓枠に取り付ける枠、ガラスが嵌る障子は共に他メーカーと違い、
細部にまでこだわった構造になっています。
また、障子は防音 効果を高める厚いガラスまで対応可能な設計です。
大信工業『内窓プラスト』+NBS防音合わせガラス『ハイラミ35』
防音効果を高める要因の1つに「窓間の距離」があります。
既存窓と設置する内窓の距離が広い程効果が高くなります。
窓間を得ることで作られる空間が減音してくれます。
デパートやパチンコ店の入口は店内の入るのに、
外に面している第一扉があり、小さな空間を通り店内に入る第二扉があります。
この小さな空間で外の音と店内の音を遮断しています。
内窓を設置する際も窓間を得ることで同じ役割を果たすのです。
大信工業『内窓プラスト』+NBS防音合わせガラス『ハイラミ35』
施工させて頂いた窓には手摺りが付いていました。
多くの場合、手摺りを撤去しないと奥行きが足りず内窓が設置出来ませんが、
お客様の窓は十分な奥行きがあったので、手摺りは外窓側へ移動することで、
撤去せずに窓間に入れることが出来ました。
大信工業『内窓プラスト』+NBS防音合わせガラス『ハイラミ35』
内窓の嵌めたガラスはNBS防音合わせガラス『ハイラミ35』を使用しました。
フロート6mm+PVB(ポリビニールブチラール)0.8mm+フロート6mmで
構成された、層厚12.8mmある「防音合わせガラス」です。
2枚のガラスに挟み込まれたPVB中間膜がガラスの振動を防ぎ、
音の伝わりを抑える効果があります。
このガラスはJISの遮音等級T-3をクリアしています。
大信工業『内窓プラスト』+NBS防音合わせガラス『ハイラミ35』
窓の防音対策は内窓設置が効果的!
設置する内窓もメーカーにより性能、耐久性、見た目、価格が様々。
また、嵌めるガラスにより効果も変わってきます。
窓のお悩みを解決するご提案をさせて頂いています。
ご相談お待ちしております。

セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』&旭硝子インナーウインド『まどまど』暑さ対策、省エネ効果

ガラスの交換工事と内窓の設置工事にご訪問させて頂きました。
一戸建てにお住まいのお客様のご自宅は南面に畑があり、
日差しを遮る建物がないので、夏の日差しの暑さにお困りでした。
セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』 セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』
暑さ対策で窓ガラスの交換をお考えになられて、
セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』のご相談を頂きました。
『窓ンナ』は住宅用サッシに入れ替えの出来る薄型設計の複層ガラスで、
アタッチメントを使わずに入れ替えが出来るので、
見た目は変わらずに窓ガラスの性能をUP出来ます。
外側にLow-Eガラス、中空層に断熱ガスを入れた断熱、遮熱に
効果のある複層ガラスです。
Low-E膜と中空層の断熱ガスにより断熱性能が一枚ガラスの約2.3倍、
日射熱遮蔽性能が一枚ガラスの約1.6倍あります。
セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』 セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』
太陽の日差しが窓ガラスからお部屋に侵入する割合を、
「日射熱取得率」という数値で表すことが出来ます。
3mm厚の透明板ガラスは0.88ηで約9割の日射熱を通してしまっています。
1割は遮り9割を通しているわけですから外にいても、
お部屋の中に居てもほとんど変わりません。
それに対して『窓ンナ』は0.55ηです。
5.5割の日射熱を通しているので、4.5割は遮ることが出来ています。
半分近く遮ると体感も変わってきます。
しかしながら、夏の日差しは”暑さ”なのですが、
冬の日差しは”暖かさ”なのです。
日射熱取得率が低いということは、夏の”暑さ”は遮れる半面、
冬の”暖かさ”も遮ってしまうので、
窓の向きにより製品を選択するといいと思います。
セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』
『窓ンナ』は”エコガラス”の認定製品で、”エコガラス”とは、
ガラスメーカー3社(日本板硝子、旭硝子、セントラル硝子)が
基準を満たしているLow-E複層ガラスに使用しているブランドです。
夏は涼しく、冬は暖かく、省エネ、節電効果のある「エコ」なガラス製品です。
旭硝子インナーウインド『まどまど』 旭硝子インナーウインド『まどまど』
出窓には旭硝子インナーウインド『まどまど』の設置をさせて頂きました。
外壁から飛び出ている出窓は暑さ、寒さの影響が大きい個所です。
窓全体を内窓で塞ぐことで、出窓の弱点を補うことが出来ます。
当然、そこには内窓の高い気密性能が必要です。
各メーカーがら出ている内窓製品は性能が様々。
内窓の気密性能が足りないと、内窓を付けたのに
問題だったお悩みが解消されないという相談も良くあります。
窓のお悩み、ご相談は丸正屋でお手伝い致します。
工事後のご感想を頂きました。
「窓ガラスの交換は大正解で、夏の日差し・温度上昇の軽減、
エアコンの効き具合の向上等実感しています。」
と、ご連絡を頂きました。
お悩みが解決されご満足のようで、お手伝い出来たことを嬉しく思います。
工事のご依頼頂きまして、ありがとうございました。