エコ窓最新情報局

ガラスで変わる快適生活はまず窓ガラスから

2008年1月31日

二重窓と働いたらうまいメシ!

本日は内窓(二重窓、二重サッシ)大信工業プラストサッシの取付にお伺いしました。
場所は弊社東京営業所近くの世田谷区内の住宅街。

お客様のお悩みはベット際にある窓からの寒さ。
寒くて寝ていられないとの事でした。
この体験はなんと私の体験と同じです。(汗;実話)
私も住み替えたマンションの寝室ベットの頭の位置が腰高窓で、分かっていながらもその寒さに窓が開いていないか深夜に確認した事があります。
そのくらい窓際は寒いのです。


今回は、取り付ける窓枠(木枠)奥行きが狭い事と気密性の重視から大信工業プラストサッシをご案内させて頂きました。
一般の内窓(二重窓、二重サッシ)は木枠奥行きが最低72mm必要なところ、プラストサッシK型は小さ目の窓なら53mmでOKなのです!
また、圧倒的な断熱性の真空ガラススペーシアをご採用頂きました。
効果が期待できます!!(自分で体験済みです。)


大信プラストサッシ+真空ガラススペーシア

白い壁面にマッチし、違和感がありませんね。
インテリア性も高いのが、内窓(二重窓、二重サッシ)の特徴と思います。
お客様も今夜から楽しみにされておりました。ご感想をお待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


仕事を終え、私お気に入りので昼食です。

大阪王将駒沢店


パーキングはありませんが(知らないだけ!?)、それでもリーズナブルかつボリュームも満点、豊富なメニューでお勧めのお店です。


本日は餃子定食。(大盛りというてんこ盛り^^)
大盛りもサービスです。590円は助かります。ニッコリ(^_^)
なんと590円

・・・・完食。
本日は月末という事もあり、午後から事務仕事などなど。
さすがにお客様宅へ訪問の場合には、餃子というわけにはいかないですが、本日はOKと判断しました。

皆様も是非一度行ってみてください。
まいう~ですよ。

ご依頼ご相談はこちら・・・・・ ガラス窓リフォーム専科

2008年1月23日

東京で雪が降りました・・・二重窓編

本日は昨年度末に御依頼頂きました品川区のお客様の所へ内窓(二重窓、二重サッシ)の設にお伺いしました。
朝から雪模様。やはり寒い・・・。

雪模様。雨より好きです <東京で雪が降りました>

でもいつもより少しワクワクするのはなぜなんでしょうか。
もちろん、積もるほど降られたら仕事柄困るのですが・・・。
大人の勝手ですね。本当^^;


ご依頼は内窓(二重窓、二重サッシ)の設置を承りました。
建物の老朽化で、サッシ窓からの隙間風が酷く寒いとのご相談。
既存サッシ窓を改修(窓を取り替える)する方法もありますが、マンションの場合共用部ですので管理組合様との兼ね合いもあり難しい場合もあります。
今回は、既存サッシ窓をそのままに内窓(二重窓、二重サッシ)を設置する方法をご提案させて頂きました。
掃き出し窓×1箇所、その他腰高窓×2箇所の計3窓です。

内窓(二重窓、二重サッシ)大信工業プラストサッシ+真空ガラススペーシア <大信工業プラストサッシ+真空ガラススペーシア>
                           3枚引き戸

内窓(二重窓、二重サッシ)は大信工業のプラストサッシに高断熱の真空ガラススペーシアを組み合わせて頂きました。
大信プラストサッシは高気密(隙間が極めて少ない)で防音性が高く、また今回のような隙間風の防止にも極めて効果が高い内窓(二重窓、二重サッシ)です。
そこへ真空ガラススペーシアですので、本日のような雪景色の寒い日も暖かく過ごすことが出来ます。


<追記>今回の工事には多少注意が必要でした。

内窓(二重窓、二重サッシ)施工 <レーザー水平器で測定中>

内窓(二重窓、二重サッシ)プラストサッシを取り付ける窓の額縁寸法が一定ではなく、場所によって5mm以上寸法が違う箇所がありました。
水平レーザー墨出し器を使用し、慎重かつ丁寧に取付工事を行いました。
施工には最も重点を置いて、良い商品を確実に施工、長く御使い頂けるよう最も注意する点です。

工事始めは窓際が寒く上着を着ていましたが、内窓(二重窓、二重サッシ)を設置するとその寒さが一蹴。
上着を脱ぐほど暖かくなりました。ポカポカ゜゜
その効果はすごいですね。これで快適にお過ごしできると思います。
有難う御座いました。

ご依頼ご相談はこちら・・・・・ ガラス窓リフォーム専科

2008年1月 1日

本年も宜しくお願い致します。

2008年初出荷 工事待ちの真空ガラススペーシア

新年明けましておめでとう御座います。
昨年中は、本当に沢山のお客様からのご愛顧頂き、誠に有難う御座いました。
本年も宜しくお願い致します。

ホームページを初めて実に5年が経ちました。
予想を上回るお問合せ、また工事のご用命にスタッフ共々日々感謝しております。
新年にあたり、今後の目標を掲げ多くのお客様にお喜び頂けるよう努力して参ります。

本年度も目標は、さらなる工事技術の向上と、対応力の強化です。
弊社ではもちろんお求めやすいコストへの努力はもちろんですが、それはしっかりとした工事が出来て初めて”よいリフォーム”といえるのではと考えております。
自社で請けて自社で工事。保証できるしっかりとした施工。
当たり前の様なことでも、そうでない販社もあるのも事実です。
お客様よりご注文を頂くということは、信頼を頂いて初めて実現する事。
その信頼を裏切らない、その期待に答える・・・。
お客様とのお付き合いは人と人のかかわりです。
私共はお仕事でありながら、お客様との関わりやコミュニケーションを楽しみながらお仕事をさせて頂いております。
信頼のおける会社を目指し、本年も頑張って行く所存です。
本年も、宜しくお願い致します。

有限会社丸正屋 一同

ご依頼ご相談はこちら・・・・・ ガラス窓リフォーム専科

環境設定 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 - ^ ¥ Backspace Tab q w e r t y u i o p @ [ Return capslock a s d f g h j k l ; : ] shift z x c v b n m , . / ` shift English alt alt 環境設定