エコ窓最新情報局

ガラスで変わる快適生活はまず窓ガラスから

2008年1月23日

東京で雪が降りました・・・二重窓編

本日は昨年度末に御依頼頂きました品川区のお客様の所へ内窓(二重窓、二重サッシ)の設にお伺いしました。
朝から雪模様。やはり寒い・・・。

雪模様。雨より好きです <東京で雪が降りました>

でもいつもより少しワクワクするのはなぜなんでしょうか。
もちろん、積もるほど降られたら仕事柄困るのですが・・・。
大人の勝手ですね。本当^^;


ご依頼は内窓(二重窓、二重サッシ)の設置を承りました。
建物の老朽化で、サッシ窓からの隙間風が酷く寒いとのご相談。
既存サッシ窓を改修(窓を取り替える)する方法もありますが、マンションの場合共用部ですので管理組合様との兼ね合いもあり難しい場合もあります。
今回は、既存サッシ窓をそのままに内窓(二重窓、二重サッシ)を設置する方法をご提案させて頂きました。
掃き出し窓×1箇所、その他腰高窓×2箇所の計3窓です。

内窓(二重窓、二重サッシ)大信工業プラストサッシ+真空ガラススペーシア <大信工業プラストサッシ+真空ガラススペーシア>
                           3枚引き戸

内窓(二重窓、二重サッシ)は大信工業のプラストサッシに高断熱の真空ガラススペーシアを組み合わせて頂きました。
大信プラストサッシは高気密(隙間が極めて少ない)で防音性が高く、また今回のような隙間風の防止にも極めて効果が高い内窓(二重窓、二重サッシ)です。
そこへ真空ガラススペーシアですので、本日のような雪景色の寒い日も暖かく過ごすことが出来ます。


<追記>今回の工事には多少注意が必要でした。

内窓(二重窓、二重サッシ)施工 <レーザー水平器で測定中>

内窓(二重窓、二重サッシ)プラストサッシを取り付ける窓の額縁寸法が一定ではなく、場所によって5mm以上寸法が違う箇所がありました。
水平レーザー墨出し器を使用し、慎重かつ丁寧に取付工事を行いました。
施工には最も重点を置いて、良い商品を確実に施工、長く御使い頂けるよう最も注意する点です。

工事始めは窓際が寒く上着を着ていましたが、内窓(二重窓、二重サッシ)を設置するとその寒さが一蹴。
上着を脱ぐほど暖かくなりました。ポカポカ゜゜
その効果はすごいですね。これで快適にお過ごしできると思います。
有難う御座いました。

ご依頼ご相談はこちら・・・・・ ガラス窓リフォーム専科