断熱防音奮闘日記

ガラスで変わる快適生活はまず窓ガラスから

2009年10月28日

クレセント(窓の鍵)の取替工事

クレセント(窓の鍵)の取替工事にご訪問いたしました。


クレセント(窓の鍵)の取替工事


サッシのメンテナンス工事で御依頼が多いのが、
戸車の取替とクレセント(窓の鍵)の取替です。


窓をお使いいただく中で、鍵の閉まりが悪くなってしまったり、
硬くなってしまったことはないでしょうか。
長年使っているうちに、日々の開閉で無理な負荷が掛かると、
窓の建付けが悪くなってしまいます。
建付けが悪いままの状態で、クレセント(窓の鍵)を無理に使用していくと、
クレセント(窓の鍵)が壊れてしまいます。


壊れたクレセント(窓の鍵)。バネが無くなっています。


新しいクレセント(窓の鍵)です。


クレセント(窓の鍵)の取替は戸車と同じく、
サッシメーカーの純正品を使用しています。
純正品でお取替するのには理由があります。
代替品で取替してしまうより、純正品の方が当然、
長くご使用していただけるからです。
窓を快適に長くお使いいただくにはメンテナンスは必要です。
窓の建付けや開閉の調整も行っておりますので、
丸正屋へご相談ください。

2009年10月22日

内窓(二重サッシ)の道具たち

今日は内窓(二重サッシ)の取付に使用する道具をご紹介します。
内窓(二重サッシ)は窓の木枠にビスで取付けます。
しかし、大信工業プラストサッシの取付のときには、
"ステープル"というホッチキスの針のような止め金で取付けます。


ステープルで縦枠を固定します。


エアータッカーを使っているところです。


"ステープル"のホッチキスの役割をしているのが、
"エアータッカー""エアーコンプレッサー"です。


エアータッカーです。


エアーコンプレッサーです。


"エアータッカー"を使うとき、打つ角度が少しでも曲がると、
"ステープル"も曲がってしまったり、折れてしまったりします。
そのときは抜いてやり直しになり、時間もかかってしまいますので、
まっすぐに打って、キレイに1回で済むように心がけてます。


"ステープル"で止めた枠は、その上に枠のカバーをしますので、
隠れて見えなくなります。
しかし、丸正屋では見えないところの工事でも手を抜かず、
全てにおいて、丁寧でキレイな工事をしています。

2009年10月16日

二重サッシに内窓で"三重サッシ"!?

内窓(二重サッシ)の取付にご訪問いたしました。


内窓 現状が二重サッシの窓になってます。


内窓 現状が二重サッシの窓になってます。


マンションにお住まいのお客様のお宅の窓は、防音のため、
もともと"二重サッシ"の窓になっております。
それもそのはず、マンションのすぐ側には複数の線路があるからです。


騒音の原因である電車


現状の"二重サッシ"では電車の騒音が気になるとのことで、
さらに内窓(二重サッシ)を取付けるご依頼を頂きました。


既存窓の木枠


内窓(二重サッシ)を取付ける際に重要なことの1つに、
<既存窓の木枠の幅>があります。
一定以上の木枠の幅が無いと、内窓(二重サッシ)
取り付けることが出来ないからです。
今回のお客様の場合、もともと二重サッシになっているためなのか、
木枠の幅が狭いものでした。
この状態では内窓(二重サッシ)は取付けることが出来ません。
そこで。。。


木枠を造りました。


木枠を作りました。


新しく内窓(二重サッシ)を取付けるために、木枠を作成しました。
ただ単純に既存窓枠の寸法に合わせて作成したのではなく、
内窓(二重サッシ)を取り付けても問題のない、強度のある木枠を作成しました。


木枠を作りました。


木枠を作りました。


作成した木枠に内窓(二重サッシ)を取付けます。


内窓 二重サッシに内窓で


内窓(二重サッシ)はどんな窓にも取り付けられます。
騒音でお悩みでしたら、丸正屋へご相談下さい。

2009年10月 6日

結露の窓に"真空ガラス・スペーシア"

最近だんだん朝が寒くなってきました。
寒くなり始める秋から冬に起こる窓の結露。
真冬には朝起きると窓ガラスが、水滴だらけになってしまうこともあります。
結露をそのまま続けると、カビやダニが発生してしまいます。


結露 断熱


これからの時期の窓ガラスの結露対策に、
"真空ガラス・スペーシア"があります。
"真空ガラス・スペーシア"は二枚のガラスの間が、
真空になっている断熱ガラスです。
真空の状態では熱の伝わりを遮断します。
そのため、"真空ガラス・スペーシア"は一枚ガラスと比べると、
室内の暖かさを逃がしにくく、外の冷たさも伝わりにくいのです。
結露の軽減に最も有効な窓ガラスです。


結露 断熱


丸正屋で"真空ガラス・スペーシア"を施工されたお客様からは、
「工事後はまったく結露がなく快適に生活しております。」、
「今は嘘のように結露は付くことはありません。」など、
お客様からお声を頂いております。


"真空ガラス・スペーシア"で結露の無い冬にしませんか。


2009年10月 2日

窓ガラスの施工方法

窓ガラスの施工方法には2種類あります。
ひとつめは"ビート施工"
ガラスの廻りに"ビート"、"グレージングチャネル(グレチャン)"
と呼ばれるゴムを巻き、サッシに収める施工方法です。


窓ガラス修理 ビート施工


"ビート施工"されている窓ガラスの角を見ますと、
ゴムが曲がっています。
ガラスに巻いてあるので、繋ぎ目があるのも"ビート施工"の特徴です。
ガラス修理でのお伺いする場合、基本的には既存の"ビート"を使用します。
カビや汚れなどが気になるようでしたら、
ガラスの取替と一緒に新しい"ビート"の交換も別途料金にてお受けしております。


窓ガラ修理 シーリング施工


ふたつめは"シーリング施工"です。
シーリング材と呼ばれる接着剤をガラス面とサッシの隙間に入れて、
ガラス固定する施工方法です。


窓ガラス修理 シーリング材を打っているところです。


窓ガラス修理 シーリング材を打っているところです。


"シーリング施工"されている窓ガラスは"ビート施工"のような
ゴムが曲がっていたり、繋ぎ目などはありません。
触るとガムのような弾力があります。
"シーリング施工"での窓ガラス修理の場合、既存のガラスを外すために、
シーリングを切ってからガラスを撤去します。
それから新しいガラスを入れ、新しくシーリングを打ちます。
そのため、"ビート施工"の3倍くらいお時間が掛かります。
"シーリング施工"ではシーリングの表面を滑らかに仕上げるよう心掛けています。
表面がザラザラしていたりすると見栄えが悪いですから。
丸正屋はお客様に満足頂けるよう、仕上がりが綺麗で確実な工事しております。


環境設定 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 - ^ ¥ Backspace Tab q w e r t y u i o p @ [ Return capslock a s d f g h j k l ; : ] shift z x c v b n m , . / ` shift English alt alt 環境設定