断熱防音奮闘日記

ガラスで変わる快適生活はまず窓ガラスから

2011年10月31日

窓の防犯対策に!防犯ガラス入れ替えできます

最近、空き巣による被害が増えています。
防犯対策をしていない窓はガラスを割ってしまえば、
簡単に家へ侵入出来てしまいます。


空き巣 ガラス修理    空き巣 ガラス修理
空き巣 ガラス修理    空き巣 ガラス修理


引き違い窓のクレセント(窓のカギ)の部分のガラスを割って穴を開けてしまいます。
その穴からクレセントを解除してしまえば、普通に窓を開けて進入されてしまいます。
窓の防犯対策の製品は防犯フィルムや防犯アラーム、補助鍵など色々あります。
しかし、防犯性能はどれも高いものとは言えません。
防犯フィルムはカッターで切れてしまいますし、数年で剥がれてしまいます。
防犯アラームも進入後に止められてしまいますし、
補助鍵は取り付け位置が分かれば、その部分のガラスを割ってしまえば、
解除出来てしまいます。
そして、補助鍵は面倒です。
外出の度に補助鍵をし、窓を開ける際には解除しなければならないことは
手間がかかり、そのうち使わなくなってしまうことが多いです。
次の施工例写真は、旭硝子の防犯ガラス「ラミセーフセキュリティー」
赤いステッカーが、防犯アピールし抑止力に貢献します。



空き巣 防犯ガラス    空き巣 防犯ガラス


窓の防犯対策はガラスを"防犯ガラス"に交換することが、
最も簡単で最も高い効果のある方法です。
防犯ガラスは2枚のガラスの間に特殊な中間膜が挟まっているガラスです。
この中間膜は簡単には穴を開けることは出来ず、空き巣の侵入を阻止してくれます。
空き巣は5分以内に進入出来なければ諦めるというデータがあります。
防犯ガラスには『防犯ガラスです』という証明のステッカーが貼ってあり、
目立つので抑止効果もあります。


空き巣 防犯ガラス    空き巣 防犯ガラス


窓の防犯には手間が掛からず、高い性能を発揮する"防犯ガラス"がおススメです。
空き巣被害に遭われた方はみなさん被害の大小に関わらず、
「(居ないときに他人に家に入られたことが)気持ち悪い」とおっしゃいます。
"防犯ガラス"で安心して出掛けられる家にしませんか。

2011年10月25日

住宅エコポイント復活!!

"住宅エコポイント"が復活します。
10月21日に「平成23年度第3次補正予算案」が閣議決定されましたので、
"住宅エコポイント"の再開が決まりました。
平成21年12月8日~平成23年7月31日の期間で行っていた"住宅エコポイント"。
ガラス業界にとっては窓の宣伝効果にもなりましたし、
今まで窓に興味が無かった方にも関心を持ってもらえたと思います。
"エコガラスの交換"や"内窓の設置"工事で断熱効果があり、
夏は涼しく、冬は暖かいお部屋になることを知ってもらえました。


エコガラス


内窓 二重サッシ 内窓 二重サッシ


新たに決まった"住宅エコポイント"制度も対象となる窓の工事は現行と一緒です。
しかし、取得したポイントの交換商品が大きく変わりました。
再開される制度は住宅の省エネ化に加え、
「東日本大震災」の被災地の復興支援も目的とされています。
そのため、商品券や地域の特産品への交換は廃止され、
被災地の商品券や産品、製品が新たに選べるようになりました。


結露 断熱 真空ガラス・スペーシア" 内窓 二重サッシ


リフォーム工事の対象は来月11月21日からがポイント発行の対象となります。
今年は「東日本大震災」という大きな災害に見舞われました。
再開される"住宅エコポイント"で、ご自宅の窓を省エネ出来るエコな窓に変えて、
取得したポイントで被災地の復興支援しませんか。


2011年10月15日

真空ガラススペーシアの季節がはじまりました!

毎年秋から冬に掛けて多くのご依頼頂く"真空ガラス・スペーシア"。 本日はそのスペーシア工事にご訪問させて頂きました。 季節は秋に変わり、スペーシアのご相談、ご依頼が徐々に増えてきています。 高断熱窓ガラスは"省エネ設備"です。
結露 断熱 スペーシア 結露 断熱 スペーシア
冬の結露、寒さに大きな効果のある"真空ガラス・スペーシア"。 今嵌っている窓ガラスをスペーシアに交換するだけで、 嫌な結露が無くなり、 暖かいお部屋に早変わりします。
結露 断熱 スペーシア 結露 断熱 スペーシア
今年は震災を機に節電や省エネへの関心が高くなっています。 スペーシアに入れ替えたお部屋で暖房器具を使用すると、 今まで窓から逃げてしまっていた暖かさを外へ逃がさず保つ効果があり、 暖房器具の使用を押さえられ、節電、省エネ効果が期待できます。
結露 断熱 スペーシア
これから始まる寒い冬の節電、省エネ対策に"真空ガラス・スペーシア"にしませんか。 スペーシアのことでしたら施工経験豊富な丸正屋へお任せください。

2011年10月13日

窓断熱の真空ガラススペーシア 入れ替えできる窓

10月に入りだんだんと朝、晩が肌寒い季節になってきました。 寒くなると発生してしまう"結露"。 朝、窓ガラスが水滴だらけになってしまうのは不快なものです。 生活スタイルによって発生する量はさまざまですが、 "結露"は外気温とお部屋の温度差によって発生します。 "結露"を防ぐ方法の1つに換気がありますが、 寒い冬に窓を開けて長時間換気をするのは酷なことです。 別の方法として、窓を"断熱"するという方法があります。 "断熱"効果のある窓にすることで、室内外の気温差が少なくなり、 "結露"を防ぐことができます。 "断熱"の窓にするには既存の窓(サッシ)をそのまま使用でき、 嵌っているガラスのみを交換出来る"真空ガラス・スペーシア"がおススメです。 この"真空ガラス・スペーシア"は一見普通の窓ガラスですが、 2枚のガラスで構成されていて、2枚のガラスとガラスの間が真空状態になっているガラスです。 真空の状態というのは極めて熱の伝わりが悪いので、 冷たい外気温の冷機をお部屋へ入れない、 そして、お部屋の暖かさを外へ逃がさない効果があります。
真空ガラス・スペーシア
"真空ガラス・スペーシア"はいろいろな窓に入れ替えが可能なガラスです。 普通の引き違い窓はもちろん、外へ押し出す窓や上げ下げ窓、 扉に嵌っているガラスなどへの入れ替えも出来ます。 本格的に寒くなる冬の前に"断熱"効果のある "真空ガラス・スペーシア"を是非ご検討ください。
環境設定 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 - ^ ¥ Backspace Tab q w e r t y u i o p @ [ Return capslock a s d f g h j k l ; : ] shift z x c v b n m , . / ` shift English alt alt 環境設定