断熱防音奮闘日記

ガラスで変わる快適生活はまず窓ガラスから

2014年10月23日

防音には内窓『プラスト』+防音合わせガラス

内窓『プラスト』の設置工事にご訪問させて頂きました。
防音のため内窓『プラスト』に『防音合わせガラス』を嵌めた、
丸正屋おススメの防音の組み合わせです。

内窓『プラスト』

気密性の高い内窓『プラスト』に防音効果の高い合わせガラスを組み合わせることで、
窓からの音の出入りを無くしてくれます。

防音合わせガラス

合わせガラスは2枚のガラスの間に防音膜をサンドウィッチしたガラスです。
1枚ガラスと違い、表面を軽くたたくと響きの違いが良く分かります。

内窓『プラスト』

住宅において窓は音の出入りが多い箇所です。
窓を防音にすることが音の対策になります。
防音で内窓を取付けても完全無音は無理かもしれませんが、
皆様それに近い効果を求めると思います。
そのためには、気密性の高い内窓に防音効果が高く、
厚いガラスを組み合わせる必要があります。
その場合、この内窓『プラスト』+防音合わせガラスがおススメです。
音のご相談承ります。


2014年10月14日

すぐに対応!交番の窓ガラス修理

会社近くの交番へ窓ガラスの修理にご訪問させて頂きました。

IMG_1484.JPG IMG_1485.JPG

2Fの縦滑り出し窓が風に煽られて割れてしまったそうです。
ガラスの施工方法は2通りあります。
1つはガラスにゴムパッキンを巻いてサッシに収める方法。
もう1つはサッシに接着剤で固定する方法です。
接着剤の施工方法の場合、窓の外に起つことが出来ないと施工は出来ません。

IMG_1487.JPG IMG_1486.JPG

施工場所が2Fで足場の無い窓だったので、
割れたガラスを撤去するのも時間が掛かりました。

IMG_1489.JPG IMG_1488.JPG

割れたガラスを撤去したら、新しいガラスを嵌めて、
既存と同じく接着剤でガラスを固定して完了です。

2014年10月10日

真空ガラス『スペーシア』を嵌めた内窓『プラスト』の取付け工事

真空ガラス『スペーシア』を嵌めた内窓『プラスト』の取付け工事に
ご訪問させて頂きました。
先日事務所での組立てをご紹介したお客様です。

施工前
内窓『プラスト』

内窓『プラスト』の薄型設計KR型は取付けに必要な奥行きの有効寸法が53mm。
NT型の78mmと比べると25mmも少ない奥行きで取付け可能です。

内窓『プラスト』 内窓『プラスト』

内窓に『スペーシア』を嵌めた場合、注意しなければならないのが、
外窓のガラスの種類です。
外窓に防火網入りガラスが使われていると"熱割れ"のリスクがあるので、
室外側がLow-E膜の『スペーシア』は逆向きにして内窓に嵌めます。

内窓『プラスト』

茶色系の既存の窓から内窓を白にしたので、お部屋が明るくなった感じがします。
お部屋の雰囲気を変える効果も内窓にはあります。

施工前                         施工後
内窓『プラスト』内窓『プラスト』

取り付けの有効寸法が少ない窓には内窓『プラスト』KR型がおススメです。
内窓製品は各メーカー取り扱っております。
ご相談内容に応じた内窓をご提案致します。
是非、ご相談ください。


2014年10月 6日

内窓の組み立て。『内窓プラスト』に真空ガラス『スペーシア』!!

今日は台風だったので、作業場で内窓を組立てました。
内窓は内窓製品とガラスが別々の状態で納品されます。

『内窓プラスト』に真空ガラス『スペーシア』 『内窓プラスト』に真空ガラス『スペーシア』

『内窓プラスト』は薄型設計の"KR型"です。
嵌めるガラスは断熱性能の最も高い、真空ガラス『スペーシア』です。

『内窓プラスト』に真空ガラス『スペーシア』 『内窓プラスト』に真空ガラス『スペーシア』

下の框(障子のフレーム)には戸車が見えないくらい気密材が付いています。
障子とレールの隙間を埋めています。

『内窓プラスト』に真空ガラス『スペーシア』 『内窓プラスト』に真空ガラス『スペーシア』

薄型設計の"KR型"は取付ける木枠の奥行が少なくても取付けが可能です。
"NT型"より性能は若干劣りますが、
奥行が足りず増し枠を使用して内側に飛び出してしまうことが、
好ましくないお客様やご予算を節約されたいお客様にはこちらをご提案しています。

『内窓プラスト』に真空ガラス『スペーシア』

組立てた内窓は工事の日まで倒れてしまわないように台車に縛って保管です。
工事を行ったらまた、ご紹介いたします。

2014年10月 2日

アコーディオン網戸『アルマーデフリーⅡ』でお部屋に秋の風を!!

アコーディオン網戸の取付け工事にご訪問させて頂きました。
お客様はマンションにお住いで、バルコニーへ出るドアに網戸の設置をご検討でした。
ドアに設置する網戸は取付けられる網戸の種類が限られてきます。
今回はアコーディオン網戸『アルマーデフリーⅡ』を設置させて頂きました。

アコーディオン網戸『アルマーデフリーⅡ』 アコーディオン網戸『アルマーデフリーⅡ』

アコーディオン網戸には普通の網戸と違い、室内の木枠に"枠"を取り付けます。
ドアには開閉装置であるドアクローザーが付いていました。
ドアクローザーが設置位置に干渉しているため、
このままの状態では設置できません。

アコーディオン網戸『アルマーデフリーⅡ』 アコーディオン網戸『アルマーデフリーⅡ』

その場合、コの字型の「ドアクローザーカバー」と言う部品を取り付けて、
アコーディオン網戸を設置出来るようにします。
正面からはドアクローザーは隠れてしまいます。

アコーディオン網戸『アルマーデフリーⅡ』 アコーディオン網戸『アルマーデフリーⅡ』

ドアクローザーカバーを付けてもアコーディオン網戸と一体感があります。
網は山折りと谷折りの構造で形状記憶になっています。

アコーディオン網戸『アルマーデフリーⅡ』

左に収納される網を右へスライドして使用します。
開閉もスムーズに行えます。
ドアに設置する網戸は床に段差のない
アコーディオン網戸『アルマーデフリーⅡ』がおススメです。
秋の風を網戸でお部屋に取り込みましょう。


環境設定 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 - ^ ¥ Backspace Tab q w e r t y u i o p @ [ Return capslock a s d f g h j k l ; : ] shift z x c v b n m , . / ` shift English alt alt 環境設定