断熱防音奮闘日記

ガラスで変わる快適生活はまず窓ガラスから

2016年9月 9日

薄型設計の内窓『プラスト』KR型 電車の音対策

内窓の設置工事にご訪問させていただきました。

薄型設計の内窓『プラスト』KR型

電車の音対策で腰高窓2か所に設置しました。

薄型設計の内窓『プラスト』KR型 薄型設計の内窓『プラスト』KR型

水平レベルで垂直に縦枠を取り付けます。
上下の枠もまっすぐに取り付けます。

薄型設計の内窓『プラスト』KR型

障子を建て込む前の枠だけが付いた状態だと、
アルミサッシが目立つので枠が付いていることが分かりません。

薄型設計の内窓『プラスト』KR型 薄型設計の内窓『プラスト』KR型

プラストの障子を建て込むとアルミサッシのフレームがプラストに隠れます。
アルミサッシが隠れると窓枠とプラストに一体感が出ます。
もともとプラストが付いていたかのように感じます。

薄型設計の内窓『プラスト』KR型

プラストの定番型であるNT型は窓の奥行きが78mm必要なのに対し、
薄型タイプのKR型は53mmで設置出来ます。
KR型を使うことで、既存窓とプラストとの窓間を広く取ることが出来ます。
ただ単純に内窓を設置するだけでは防音対策は不十分です。
窓間を広く取ることも防音対策には必要です。
より良くする窓のご提案を丸正屋はさせていただきます。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://marusyoya.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/417

コメントする