お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓

お風呂の窓の工事にご訪問させて頂きました。
お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓
マンションにお住まいのお客様のお風呂の窓は
“オーニング窓”になっておりました。
この窓は小窓が連なっていて、開閉装置を動かすことで連動して開閉します。
似ている窓に小窓ではなくガラスの羽根が数枚連なっている
“ルーバー窓(ジャロジー窓)”という窓もあります。
お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓 お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓
どちらの窓も開閉装置が壊れてしまうことが多いです。
今回も開閉装置が機能しなくなってしまっていて、
窓が最後まで閉め切れない状態になっておりました。
お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓 お風呂の窓の修理開閉装置交換工事マンションのオーニング窓
この開閉装置を交換することで、元の通りスムーズに開閉でき、
閉まりきらなかったことも解決しました。
窓の開閉不具合は部品交換で改善出来ることが多いです。
お客様の中には窓を丸々交換しなければならないと思っている方も多いです。
築年数にもよりますが、動きの不具合が出始めたら、
早め交換をおススメしております。
窓の開閉不具合、修理のご相談は丸正屋へお任せください。

ルーバー窓(ジャロジー窓)のハンドル交換!

窓のメンテナンス工事にご訪問させて頂きました。
窓のメンテナンス工事
ルーバー窓(ジャロジー窓)は通風のための窓です。
ハンドルを回すことで、ガラスの羽根が動き開閉します。
窓のメンテナンス工事 窓のメンテナンス工事
年数が経ってくるとハンドルが動きにくくなることが多いです。
無理な力が加わっているのに回転し続けると、
写真のように持ち手が抜けてきてしまいます。
窓のメンテナンス工事 窓のメンテナンス工事
壊れてしまったハンドルは修理が出来ませんが、
ハンドルを交換することは出来ます。
よく、窓全体をあたらしく交換しなければなりませんか??と言われますが、
ハンドルの交換で今までの様に使用出来ます。
窓のメンテナンス工事 窓のメンテナンス工事
窓の機能部品は交換出来ます。
お客様自身で探すのは大変ですし、見つけるのは難しいと思います。
窓のお悩み、ご相談は窓を専門にやっている丸正屋にお任せください。

窓のゴムパッキン交換でプチリフォーム!

窓のゴムパッキンの交換工事にご訪問させて頂きました。
窓のゴムパッキン交換でプチリフォーム! 窓のゴムパッキン交換でプチリフォーム!
窓ガラスはサッシにゴムパッキンまたは接着剤で固定さています。
ガラス廻りのゴムパッキンのことをビート(グレイジングチャンネル)といい、
年数が経つとカビが目立ってきたり、劣化して固く縮まりまってしまいます。
窓のゴムパッキン交換でプチリフォーム! 窓のゴムパッキン交換でプチリフォーム!
このようにカビてしまったビートをキレイにするには交換するしかありません。
ゴム表面では無くゴム自体がカビているので、洗剤では落ちません。
窓のゴムパッキン交換でプチリフォーム! 窓のゴムパッキン交換でプチリフォーム!
ビートを交換するときにはサッシの淵も一緒にクリーニングします。
そうすることで窓全体が新しくなったようにキレイに見えます。
窓のゴムパッキン交換でプチリフォーム! 窓のゴムパッキン交換でプチリフォーム!
窓のプチリフォームしませんか?
ビート交換で窓はキレイに生まれ変わります!

マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。古い窓が新しくなります!!

マンションのサッシ改修工事にご訪問させて頂きました。
築年数が経って窓の開閉が悪くなってきた場合、
改善する方法は2つあります。
1つは窓の戸車を交換する方法。
もう1つは窓ごと新しくしてしまう方法です。
この窓ごと新しくする方法を「カバー工法」と言います。
マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。
窓扉を外すと窓枠が残ります。
窓枠は外壁に埋まっているので、取ることが出来ません。
残った窓枠の内側に新しい窓枠を取り付けます。
マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。 マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。
曲がって付けてしまうと建付けが悪くなるので、
水平レベルでまっすぐ位置を出して設置します。
マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。 マンションのサッシ改修工事「カバー工法」。
お客様のお部屋には防音のために内窓を設置されていました。
新しく設置するサッシの中残の位置を内窓に合わせて作成したので、
外窓の中残は隠れてスッキリ見えます。
重く動きの悪くなった窓が新品になり、
開閉もスムーズになったので、喜んで頂きました。
もっと早く交換していればよかったとおっしゃってました。
古くなったマンションの窓はサッシ改修工事「カバー工法」で、
キレイに快適な窓に交換することが出来ます。
カバー工法のご相談は丸正屋へお電話ください。

窓の開閉不良を改善!戸車交換。

窓の戸車の交換工事にご訪問させて頂きました。
年数の経った窓の重さ、開けづらさの原因は戸車にあります。
重くても開閉出来れば、交換される方は少ないです。
殆ど動かない、動かせなくなった時にみなさん交換を考えます。
窓の開閉不良を改善!戸車交換。 窓の開閉不良を改善!戸車交換。
窓を外して戸車見てみると、動きが悪くなった原因は戸車でした。
戸車のタイヤが割れてしまっています。
窓の開閉不良を改善!戸車交換。 窓の開閉不良を改善!戸車交換。
戸車交換は同じ製品で交換することが基本です。
業者の中には簡単に交換出来る汎用品で交換してしまうところもありますが、
入替えたあと、不具合を起こしてしまう原因になりますので、
弊社では同じ製品を探してきて、純正部品で交換しています。
窓の開閉不良を改善!戸車交換。 窓の開閉不良を改善!戸車交換。
窓を設計する際にその窓に合った大きさ、性能の戸車が作られます。
同じ戸車で交換しておけば、また永く快適に窓を開閉出来ます。
25年~30年くらいを目安に交換されることをおススメします。
窓の開閉不良、戸車の交換は丸正屋へご相談ください。

ガラスルーバー窓(ジャロジー窓)の修理。

ガラスルーバー窓(ジャロジー窓)のハンドル交換にご訪問させて頂きました。
採光や換気のために使われるルーバー窓は、
細長いガラスの羽が何枚も重なって開閉します。
全てのガラスが連動して動くため、開閉装置に負荷が掛かります。
動きの悪い状態で無理に開閉しているとハンドル(取っ手)が壊れてしまいます。
ガラスルーバー窓(ジャロジー窓)の修理 ガラスルーバー窓(ジャロジー窓)の修理
伺うとハンドルを回しても空回転の状態でした。
空回転ですと開閉しなくなってしまいます。
中で連動する装置が壊れてしまっていて、簡単にハンドルが抜けてしまいます。
ガラスルーバー窓(ジャロジー窓)の修理
築25年くらいの一戸建てでしたが、同じ部品が見つかったので、
新しいモノと交換させて頂きました。
窓に付いているクレセントや戸車等の機能部品は、
メーカーで25年~30年くらいまでは交換部品として管理していることが多いです。
そのくらいの時期を目安に交換されると、また永く快適に窓を使えます。
サッシの不具合は丸正屋にご相談ください。

縦滑り出し窓のハンドル交換とアコーディオン網戸取付け工事

縦滑り出し窓のハンドル交換と網戸の取付け工事にご訪問させていて頂きました。
縦滑り出し窓のハンドル交換とアコーディオン網戸取付け工事
アコーディオン網戸取付け工事 縦滑り出し窓のハンドル交換
既存の網戸は上げ下げ式のタイプが付いていました。
これを取り外してアコーディオン式の網戸に交換致します。
アコーディオン網戸取付け工事 アコーディオン網戸取付け工事
壊れていた縦滑り出し窓のハンドルを新しいモノに替えることで、
開閉もスムーズになり、この先も永くご使用頂けるようになりました。
縦滑り出し窓のハンドル交換 縦滑り出し窓のハンドル交換
縦滑り出し窓や横滑り出し窓の開閉に必要なハンドルは交換することで、
窓全体を改修することなく、快適な窓に戻すことが出来ます。
アコーディオン網戸はこのような装飾窓に最適です。
既存の上げ下げ網戸よりもスムーズに開け閉め出来ます。
縦滑り出し窓のハンドル交換とアコーディオン網戸取付け工事
網戸で自然の風を取り入れて快適生活しませんか。
網戸のご相談は丸正屋へお任せくだい。

カバー工法で新しい窓に早変わり!

築40年のマンションの掃出し窓のサッシ工事にご訪問させて頂きました。
IMG_2855.JPG IMG_2857.JPG
動きが悪い場合ほ戸車の交換でご対応しているのですが、
枠の著しい歪みやレールが破損している場合は戸車の交換では対応できません。
その場合は「カバー工法」という窓全体の交換工事になります。
IMG_2859.JPG
既存窓の障子を外すと枠が残ります。
IMG_2861.JPG IMG_2863.JPG
残った窓枠の内側に新しい窓枠を取り付けます。
レーザーレベルで水平を見て、まっすぐに取付けます。
IMG_2869.JPG IMG_2866.JPG
IMG_2867.JPG IMG_2870.JPG
意匠面にはアングルのカバーをします。
IMG_2872.JPG
室内、室外の周りをシーリング(接着剤)で固定して完成です。
IMG_2873.JPG IMG_2874.JPG
築年数の経った動かない、不快な窓も、
「カバー工法」で快適、軽快な窓に早変わり!!
ストレスの無い窓に交換しませんか??

開閉不良のドア。フロアヒンジ交換工事!

動物病院の入口ドアのフロアヒンジ交換工事にご訪問させて頂きました。
第一扉、第二扉両方とも開閉不良で動きが悪くなっていました。
フロアヒンジ交換工事 フロアヒンジ交換工事
フロアヒンジは扉の吊元の下に埋まっている扉の開閉スピードの調整機です。
フロアヒンジ交換工事 フロアヒンジ交換工事
室内側の第二扉はフロアヒンジ本体のみの交換でご対応させて頂きました。
フロアヒンジ交換工事 フロアヒンジ交換工事
室外側の第一扉は本体とケースの交換となりました。
雨がかかることの多い場所のフロアヒンジは雨水が中に侵入してしまい、
本体とケースが錆びてしまいます。
フロアヒンジ交換工事 フロアヒンジ交換工事
ケースが錆びてしまっていると廻りの地面を掘り起こして、
新しいケースを埋める必要があります。
フロアヒンジ交換工事 フロアヒンジ交換工事
新しいケースは地中で動かないように溶接で固定します。
フロアヒンジ交換工事 フロアヒンジ交換工事
隙間はモルタルで埋めて完了です。
フロアヒンジ交換工事 IMG_3078.JPG
フロアヒンジは15年くらいが交換の目安になります。
雨の当たる場所では機能しなくなる時期は早くなります。
扉の開閉が悪くなったら交換時期です。
早めの交換をおススメします。

マンションで勝手口扉のカバー工法!

マンションで勝手口扉のカバー工法にご訪問させて頂きました。
勝手口扉のカバー工法
台所からバルコニーへ出入り出来る勝手口扉。
横にスライドする引違い窓と違い、風が強い日は開閉の際煽られてしまいます。
勢いよく閉まってしまい、ガラスが割れてしまうことは多いのですが、
今回は扉の框も曲がってしまい、開閉困難な状態になってしまいました。
勝手口扉のカバー工法 勝手口扉のカバー工法
窓でも扉でも壊れてしまった一部分だけを新しく交換することが出来ません。
扉と枠は一体です。
枠は外壁に埋まっているので、枠を取り外して新しく交換することも出来ません。
マンションの場合は扉を撤去し、残った枠の内側に新しい扉を取り付ける、
“カバー工法”という施工方法で扉を修復します。
勝手口扉のカバー工法
扉を外し残った枠に、新しい扉を付けるための部品を付けていきます。
勝手口扉のカバー工法勝手口扉のカバー工法
勝手口扉のカバー工法勝手口扉のカバー工法
上下縦2方に取り付け、新しい枠を取り付けます。
勝手口扉のカバー工法勝手口扉のカバー工法
枠が付いたら扉を建てこみ、下地が見えないよう意匠部にカバーをします。
勝手口扉のカバー工法勝手口扉のカバー工法
室内側、室外側の枠廻りに接着剤を打って完了です。
勝手口扉のカバー工法 勝手口扉のカバー工法
風の強い日はガラス修理のご依頼もとても多くなります。
扉は風に煽られて勢いよく閉まるとガラスの破損や、
開閉の不具合が起きやすくなります。
風の日は十分お気を付けください。