お客様の声

ガラスで変わる快適生活はまず窓ガラスから

2012年11月29日

「悩んでいた窓ガラスの結露は、一切なくなりました」真空ガラススペーシア 世田谷区マンション(窓の結露と寒さ)

IMG_0727.JPG IMG_0728.JPG
IMG_0726.JPG IMG_0729.JPG
IMG_0730.JPG

画像転載禁止.GIF

■工事種類及び目的
ガラス工事(窓ガラスの結露対策)
line.gif
■メーカー
日本板硝子
line.gif
■製品名・仕様
真空ガラススペーシア 6.2mm一般タイプ
真空ガラススペーシア 8.2mm高耐風圧タイプ
真空ガラススペーシア 10.0mm防火網入りタイプ    
line.gif
■施工箇所
全開口フォールディングドア 袖FIX付き×1箇所
FIX窓×1箇所
腰高窓×1箇所
line.gif
■工事価格
税込み¥504,000-
line.gif

★御客様の声

わが家は上下ツーフロア、鉄筋コンクリート造りのコーポラティブハウスで築5年ほどですが、当初より上のフロアの窓が冬になるとかなり結露し、窓近くのものが濡れたりするのが、頭痛の種でした。
またリビングのある階下のフロアも、採光をよくするため、かなり高さと幅のあるフォールディング窓にしたので、結露こそしないものの、窓から熱が逃げていたようです。
そこで、建物を設計してくれた建築士さんに相談したところ、二重窓のインプラスを提案されました。調べてみると、インプラスをわが家の窓に取り付けるとすると、サッシの枠の大きさが足りず、木を接がなければならないので、部屋の中に大ボリュームではみ出すことが判明。
インプラスは気が進まないため、新ためて断熱窓について調べてみたところ、スペーシアと丸正屋に辿りつきました。丸正屋さんのHPは、いろいろな断熱ガラス・断熱窓について、非常にしっかりと長所・短所がまとめてあり、その中でもスペーシアの良さが際だっておりました、高い断熱性能、すっきりした外観、取り付け窓を選ばない自在性などなど。
そこで、丸正屋さんで電話見積もりをしてもらったところ、思ったよりリーズナブルな価格だったので、採寸と正式見積を頼みました。採寸に来られた方は感じがよく、窓やガラスに関する知識も豊富で、任せて安心だと感じられたため、当初上のフロアの窓だけの予定だったのが、リビングフロアの大きなフォールディング窓までお願いすることに。
施工もチームでいらっしゃると、テキパキと呼吸のあったチームワークで、見る見る間にガラスを交換。見事な手際でした。早いばかりでなく、窓ガラスまわりのコーキング剤の仕上げもきれいで、こだわりの職人芸を感じます。
スペーシアに代えて、それまで悩んでいた窓ガラスの結露は、一切なくなりました。さすがです。
ただ、残念ながら、窓枠アルミサッシの結露は相変わらず(苦笑)。リビング大窓際の冷気も和らいだ感じ、これから本格的な冬になれば、もっと体感できるかも。
一冬の暖房費についても、確認していきたいと思ってます。

環境設定 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 - ^ ¥ Backspace Tab q w e r t y u i o p @ [ Return capslock a s d f g h j k l ; : ] shift z x c v b n m , . / ` shift English alt alt 環境設定