«

2021.04.01

ドラムの練習用に窓の防音対策

ドラムの音漏れを防ぐための内窓設置

ドラムの音漏れ対策に設置した内窓
きっかけは引っ越しでした。我が家にはドラム好きな長男がおり、それまでの住宅では電子ドラムを使っていました。が、引越しを機に、部屋の一つが、防音が施されていると我々が早合点し、生ドラムを買ってしまいました。叩いてみたところ、音漏れがひどく、ご近所迷惑も甚だしいと感じ、なんとかせねばと思って、防音という観点から、工事をしてくれるところを探しました。
私たち夫婦はなんの知識もないので、とりあえずホームページから探しました。その中から、比較的近所の会社様に当たりをつけて、問い合わせをしてみようということになりました。工事を依頼させていただきました理由は、防音のメカニズムについて、詳細に説明してくださった上で、施工を提案してくださったからです。
今回、御社とは別にもう一件の会社さんにも見積もりをお願いしました。やはり防音ということで、内窓プラストをつけることを提案されました。正直申しまして、こちらの会社さんの方が見積もり金額は安いものでした。(組み合わせるガラスのメーカー、仕様、品種は異なる)ですが、社長さんが説明してくださった、窓枠の誤差(傾き?や水平?や既存の窓の状態?)などを考慮して、さまざまな調整・補正をした上での、内窓プラストの取り付け、ということでしたので、さらなる防音を期待するものとして、御社にお願いをいたしました。(設置した内窓の気密性能によって遮音効果のベースが決まってしまう)
格子の部分はドラムの音でビビリが生じていた

内窓設置工事の際のコロナ対策

工事の時期は、新型コロナウイルスの最流行とも重なっていましたので、誰もがいろんなことを気にする時期ではありましたが、マスクの着用はもちろん、入室の際には、アルコール消毒をしてくださっていたので、なんとなく安心感はありました。

施工前と比較して半分程度に抑えられた

工事後については、見た目はとてもキレイに窓が入っています。
窓枠の色は迷いましたが、どれを選んでもまあ、大丈夫だったのでは、と思いました。防音効果ですが、施工前と比べると半分近くは抑えられているのではないかと思います。  
今回、工事の前から夫も私も、社長さんと何度か電話で相談や、打ち合わせなどさせていただきましたが、本当に、社長さんの深い知識に感銘を受けました。見積もりに来ていただいた順番は、御社の方が先でしたので、そこで社長さんに防音についてのレクチャーを受けた後にもう一社の見積もりでしたので、その時の説明(もう一社の方)などは、なんだか物足りない感じを受けたのも正直なところです。
取り付けもとても丁寧に美しくやっていただき、感謝しております。
本当にありがとうございました。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.

copyright © 丸正屋 all right reserved.