窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど

内窓の設置工事にご訪問させて頂きました。
新築に一戸建てにお住まいのお客様ですが、
窓が寒いとのことで内窓のご相談を頂きました。
新しい一戸建てに嵌っているガラスは「Low-eペアガラス」が主流です。
アルミサッシに断熱性の高いガラスが使われていたとしても、
障子(可動する引戸)とサッシ枠やレールに隙間がある以上、
そこからの通気があります。
その隙間と熱伝導の高いアルミフレームから伝わる冷たさが、
窓際からの寒さとしてお部屋に入ってきます。
窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど
窓際の寒さを防ぐには窓全体を塞ぐことの出来る内窓の設置が効果的です。
内窓製品は各メーカーより出ているので種類が多数あります。
大きく別けてDIY向けの簡易内窓と高気密内窓の2タイプです。
お客様には窓際の寒さ改善のため、高気密タイプの内窓をご案内しました。
『旭硝子インナーウインドまどまど』はアルミフレームと樹脂の構造で、
クレセント錠と補助鍵が標準設計なので、防犯対策にもおススメな内窓です。
外側はアルミフレームになっているので、紫外線の劣化がありません。
室内側の意匠面は被覆された樹脂がお部屋に馴染む高級感ある5色の設定です。
窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど
嵌めるガラスによって内窓の性能は変わってきます。
防音性を高めるには防音合わせガラスを、
防犯性を高めるには防犯ガラスを、
寒さ、断熱対策には断熱ガラスを組み合わせます。
窓際の寒さ対策に!旭硝子インナーウインドまどまど
寒さ対策なので、高断熱ガラスの組み合わせで施工させて頂きました。
内窓は目的に応じた内窓製品の選択と組み合わせるガラスを選択ないと、
お悩みが解決しない場合があります。
お客さまのお悩み、目的により最適な内窓をご案内しております。
丸正屋へ是非ご相談ください。

マンションのベランダ3枚扉に旭硝子まどまど防音対策

旭硝子インナーウインド「まどまど」の設置工事にご訪問させて頂きました。
マンションのベランダ側の窓で引き違い窓の右袖に
FIX窓(嵌め殺し窓)がある窓で、正面がら見ると3枚の扉があるように見えます。
旭硝子まどまど防音対策
このような3枚扉の窓には内窓も3枚建てという構成で取付けます。
通常は外窓の縦の框(扉のフレーム)と内窓の縦框が重なるように作成します。
従って、外窓の框が内窓の框で隠れるようになります。
この窓も引き違い窓部分は重ねてあるのですが、
FIX部分は幅を狭くしています。
じつは外窓のガラスの下部に穴が空けてあり、
エアコンの管が通っているのです。
そのため、内窓も工夫しないと設置が出来ない窓なのです。
エアコンの管の穴の横に木の柱を立てて、右側に空間を設けてます。
柱の左側に3枚建てのまどまどを設置しています。
旭硝子まどまど防音対策
右側の空間には無目を入れ、上下に別けます。
防音することが目的なので、上段はガラスで封鎖し、
下段にはエアコンの管を通して、隙間には防音パテを詰めてあります。
旭硝子まどまど防音対策
このような変わった窓でも工夫すれば内窓の設置は可能です。
他社で断られた窓でも丸正屋へご相談ください。
様々な施工事例、実績がありますので、お力になれると思います。

セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』&旭硝子インナーウインド『まどまど』暑さ対策、省エネ効果

ガラスの交換工事と内窓の設置工事にご訪問させて頂きました。
一戸建てにお住まいのお客様のご自宅は南面に畑があり、
日差しを遮る建物がないので、夏の日差しの暑さにお困りでした。
セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』 セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』
暑さ対策で窓ガラスの交換をお考えになられて、
セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』のご相談を頂きました。
『窓ンナ』は住宅用サッシに入れ替えの出来る薄型設計の複層ガラスで、
アタッチメントを使わずに入れ替えが出来るので、
見た目は変わらずに窓ガラスの性能をUP出来ます。
外側にLow-Eガラス、中空層に断熱ガスを入れた断熱、遮熱に
効果のある複層ガラスです。
Low-E膜と中空層の断熱ガスにより断熱性能が一枚ガラスの約2.3倍、
日射熱遮蔽性能が一枚ガラスの約1.6倍あります。
セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』 セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』
太陽の日差しが窓ガラスからお部屋に侵入する割合を、
「日射熱取得率」という数値で表すことが出来ます。
3mm厚の透明板ガラスは0.88ηで約9割の日射熱を通してしまっています。
1割は遮り9割を通しているわけですから外にいても、
お部屋の中に居てもほとんど変わりません。
それに対して『窓ンナ』は0.55ηです。
5.5割の日射熱を通しているので、4.5割は遮ることが出来ています。
半分近く遮ると体感も変わってきます。
しかしながら、夏の日差しは”暑さ”なのですが、
冬の日差しは”暖かさ”なのです。
日射熱取得率が低いということは、夏の”暑さ”は遮れる半面、
冬の”暖かさ”も遮ってしまうので、
窓の向きにより製品を選択するといいと思います。
セントラル硝子の薄型複層ガラス『窓ンナ』
『窓ンナ』は”エコガラス”の認定製品で、”エコガラス”とは、
ガラスメーカー3社(日本板硝子、旭硝子、セントラル硝子)が
基準を満たしているLow-E複層ガラスに使用しているブランドです。
夏は涼しく、冬は暖かく、省エネ、節電効果のある「エコ」なガラス製品です。
旭硝子インナーウインド『まどまど』 旭硝子インナーウインド『まどまど』
出窓には旭硝子インナーウインド『まどまど』の設置をさせて頂きました。
外壁から飛び出ている出窓は暑さ、寒さの影響が大きい個所です。
窓全体を内窓で塞ぐことで、出窓の弱点を補うことが出来ます。
当然、そこには内窓の高い気密性能が必要です。
各メーカーがら出ている内窓製品は性能が様々。
内窓の気密性能が足りないと、内窓を付けたのに
問題だったお悩みが解消されないという相談も良くあります。
窓のお悩み、ご相談は丸正屋でお手伝い致します。
工事後のご感想を頂きました。
「窓ガラスの交換は大正解で、夏の日差し・温度上昇の軽減、
エアコンの効き具合の向上等実感しています。」
と、ご連絡を頂きました。
お悩みが解決されご満足のようで、お手伝い出来たことを嬉しく思います。
工事のご依頼頂きまして、ありがとうございました。

窓際の寒さ対策に旭硝子『まどまど』!

内窓の設置工事にご訪問させて頂きました。
窓際の寒さ対策に旭硝子『まどまど』!
築年数の経たれたマンションにお住まいのお客様です。
窓際の寒さを気にされて、内窓の設置をご検討頂きました。
窓の前は台になっていて、モノを置くスペースを確保したいとのことで、
窓に近い位置に設置させて頂くことになりました。
窓際の寒さ対策に旭硝子『まどまど』!
しかし、窓の手前の壁には回り木があり、このままでは取り付けが出来ません。
窓際の寒さ対策に旭硝子『まどまど』! 窓際の寒さ対策に旭硝子『まどまど』!
そこで、回り木の厚みに加工した木材を取り付けてから、
内窓を設置しました。
窓際の寒さ対策に旭硝子『まどまど』! 窓際の寒さ対策に旭硝子『まどまど』!
正面から見える意匠面はまどまどに合わせて白く塗装しました。
木目のままでは目立ってしまいます。
色を付けたことで違和感なく収まりました。
窓際の寒さ対策に旭硝子『まどまど』! 窓際の寒さ対策に旭硝子『まどまど』!
他社さんでこの窓に内窓は取り付けが出来ないと、
言われた窓でも工夫すれば取り付けられることが多いです。
そのような窓でも丸正屋にご相談ください。
お客様にいいご提案が出来るかもしれません。

旭硝子インナーウインド『まどまど』!良かったので、他の窓も。

内窓の設置工事にご訪問させて頂きました。
旭硝子インナーウインド『まどまど』
他の窓で内窓を使っていて、”良かったので、他の窓も”とのことで、
同じ旭硝子インナーウインド『まどまど』を設置させて頂きました。
旭硝子インナーウインド『まどまど』 旭硝子インナーウインド『まどまど』
『まどまど』はガラスメーカーの製品になるので、
組み合わせられるガラスが決まっています。
目的に応じて合わせガラスか複層ガラスを選択します。
ガラスにより金額も変わりますので、
目的とご予算に応じてご案内させていただきます。
旭硝子インナーウインド『まどまど』は丸正屋へご相談ください。

内窓で出窓の寒さ解消!!旭硝子『まどまど』

内窓の設置工事にご訪問させて頂きました。
10月も終わりに近づき朝晩は寒くなってきました。
寒さの原因は”窓”です。
窓に寒さ対策することで快適に冬を過ごせます。
旭硝子の『まどまど』
窓の種類の中でも出窓は寒さを感じやすい窓の1つです。
名前の通り外壁から”出ている窓”なので、
上下左右から熱が出入りしてしまいます。
そこに内窓を設置することで、熱の出入りを遮断することが出来ます。
旭硝子の『まどまど』 旭硝子の『まどまど』
旭硝子の『まどまど』 旭硝子の『まどまど』
窓の木枠に内窓の枠を取り付けていきます。
枠が付いただけではよく分かりませんが…
旭硝子の『まどまど』
そこに窓が嵌ると…
旭硝子の『まどまど』
こうなります。
木枠の手前に設置することで、窓と内窓の空間が広く取れ、
大きなペアガラスを設置したような効果があります。
旭硝子の『まどまど』
旭硝子の『まどまど』は気密性の高い内窓です。
基本構造がアルミ製で、意匠面に採用されている樹脂は見た目も良く、
窓枠との相性もいいと評判です。
丸正屋おススメの『まどまど』で寒さ解消しませんか。

寒さ対策に!!旭硝子のインナーウインド『まどまど』。

内窓の設置工事にご訪問させていただきました。

旭硝子のインナーウインド『まどまど』
築年数の経たれたマンションの腰高窓に旭硝子『まどまど』
設置させていただきます。
設置する窓枠に必要な奥行きが足りないので、
ふかし枠(増し枠)を取り付けます。

旭硝子のインナーウインド『まどまど』
旭硝子のインナーウインド『まどまど』
窓枠はよく見ると上下の枠より縦の左右の枠の方が室内に出て組んであります。
そこの段差を木材などで埋めて、四方が平らになるようにします。
平らにしたらふかし枠を取り付けます。

旭硝子のインナーウインド『まどまど』 
旭硝子のインナーウインド『まどまど』
水平機で枠の曲がり、反りを補正しながら取り付けます。
曲がったまま取り付けてしまうと、窓に隙間が出来てしまい、
内窓の気密性能を落としてしまします。

旭硝子のインナーウインド『まどまど』 
旭硝子のインナーウインド『まどまど』
ふかし枠を取り付けると既存の窓枠より飛び出る形になります。
ただ、正面から見るとほとんどわからないので、
あまり気にならないとおっしゃっていただけます。

旭硝子のインナーウインド『まどまど』 
旭硝子のインナーウインド『まどまど』
ふかし枠の内側に『まどまど』の枠を取り付けて、
障子を建て込みます。
建付け、クレセントの調整を行って完成です。

旭硝子のインナーウインド『まどまど』
調整が完了して『まどまど』を閉めた瞬間、「あっ、静かになった!」と、
お客様は驚かれてました。
これは『まどまど』の気密性能が高い証拠です。
と、同時に外窓の気密性能が悪かったから、音が入ってきていたのです。
内窓の設置で様々な効果を得られます。
ご相談、お問い合わせは丸正屋へお気軽にどうぞご連絡ください。
旭硝子のインナーウインド『まどまど』

防音に!!旭硝子『まどまど』の内開き窓!

内窓の設置工事にご訪問させて頂きました。
設置個所は上げ下げ窓です。
旭硝子『まどまど』の内開き窓
内窓を設置する場合、引違い窓には引違いの内窓。
FIX窓にはFIXの内窓を設置するのが、
使い勝手も見た目もスマートだと思います。
しかし、上げ下げ窓に内窓を設置する場合、”上げ下げ窓”の内窓がありません。
窓の大きさによっては引違い窓の設置も出来ますし、
ほぼ開閉が無いのであれば、FIX窓の設置も出来ます。
旭硝子『まどまど』の内開き窓
今回は開閉して通風できるよう旭硝子の『まどまど』の内開き窓
設置させて頂きます。
旭硝子『まどまど』の内開き窓
『まどまど』はアルミと樹脂の二重構造になっています。
防音仕様の重い合わせガラスの組み合わせにも耐えることが出来ます。
旭硝子『まどまど』の内開き窓 旭硝子『まどまど』の内開き窓
旭硝子の『まどまど』は断熱性、気密性、防音性に加え、
強度と紫外線の劣化を防ぐためのアルミ構造に、
防犯性を高める補助カギが付いています。
内窓で窓をグレードアップするなら旭硝子の『まどまど』おススメです!!

賃貸マンションに内窓設置。旭硝子「まどまど」

賃貸マンションのオーナー様からのご依頼で内窓を設置させて頂きました。
設置した内窓は旭硝子の「まどまど」です。
旭硝子「まどまど」
「まどまど」は設置に64mm必要な内窓です。
旭硝子「まどまど」 旭硝子「まどまど」
まず「まどまど」の枠を取り付けていきます。
旭硝子「まどまど」 旭硝子「まどまど」
「まどまど」の縦枠は2重構造になっていてカバーをすることで、
取り付けたビスが見えない構造になっています。
旭硝子「まどまど」
上下の枠を取り付けます。
下枠のレール部分はアルミ製になっています。
他のメーカーと違い、障子もアルミと樹脂の構成になっていて、
室内側は樹脂で覆われていて、外から見るとアルミになっています。
アルミを使用することで強度が増し、外側の紫外線劣化を防ぎます。
旭硝子「まどまど」 旭硝子「まどまど」
以前にも他のお部屋に設置させて頂いておりました。
再度ご依頼頂きましてありがとうございました。
賃貸マンションのオーナー様、内窓の設置で、
他とは違う付加価値のあるお部屋にしませんか。
ご相談お任せください。

内窓でお部屋の模様替え。旭硝子インナーウインド『まどまど』

旭硝子インナーウインド『まどまど』の設置工事にご訪問させて頂きました。
IMG_3496.JPG
旭硝子のインナーウインド『まどまど』は硝子メーカーの製品なので、
目的に合わせたガラスとの組み合わせが設定されています。
断熱には「ペヤグラス」。
防音、防犯には「合わせガラス」を選択出来ます。
IMG_3498.JPG
色も4色あり、お部屋の雰囲気や壁紙などに合わせてお選び頂けます。
お客様の既存のサッシが黒でしたので、
内窓が白になるとお部屋の印象はずいぶん変わります。
IMG_3501.JPG
アルミフレームと樹脂を組み合わせた『まどまど』は室内側の意匠面に樹脂、
室外側には紫外線に弱い樹脂ではなくアルミを採用しています。
見た目と実用性を兼ねた内窓です。
旭硝子インナーウインド『まどまど』は旭硝子の
《いいまどショップゴールドステータス店》に認定されている丸正屋へご相談ください。